胃腸障害 かみ合わせ・歯ならび 大阪治療センター 横田歯科医院
一つ戻る

胃腸障害

丸山咬合治療法をおこなうことによって、胃腸の障害が改善・消失した症状には食欲不振、嘔吐、胸やけ、腹部膨満感、胃腸障害、庇が出やすい、便秘、下痢などがあります。

これらの症状は、腹部の上部、すなわち胃のを中心としたものと腹部の下部、すなわち腸を中心としたものとに分けて考えたほうがよいと思います。

胃には、摂取した食物をためておく貯溜機能、胃酸を混ぜ合わせてドロドロにする攪拌(カクハン)・混和機能、蠕動・収縮によって十二指腸に送り出す排出機能という連続した複雑な運動機能があります。
はじめにしっかり貯溜するために、胃が十分にリラックスして、摂取した食物の量に応じて胃壁を広げることが大事です。この胃のリラクゼーションが障害されると、胃が膨らまず十分な量が摂れないし、
次に起こる排出機能も障害され、腹部膨満感、胃のもたれ、食欲不振などの不快症状を引き起こすといわれています。このようなメカニズムで起きる胃の不快症状は当然のことながら、
あごのずれによって生じる筋肉の過緊張やパワー不足によると考えることができます。

Copyrightc 2010 Yokota Dental Clinic All Rights Reserved